メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナマ文書

新文書、120万通 日本人の個人情報流用判明

 タックスヘイブン(租税回避地)の内部書類「パナマ文書」の新たな資料を共同通信も参加する国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)が20日までに入手した。2年前と同じ中米パナマの法律事務所から流出した文書120万通で、日本人の個人情報流用被害が新たに判明。サッカーのアルゼンチン代表メッシ選手、同国のマクリ大統領らの名前もあった。

 新たな資料は、租税回避地での法人設立を代行してきた法律事務所「モサック・フォンセカ」の内部書類で2…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  2. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです