メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トランプ流脅迫の行方=インターネットイニシアティブ会長・鈴木幸一

 「何をするかわからない」「どこまで本気なのか、予測がつかない」。その評価は否定的なものが多いのだが、ともあれ想定外の時間軸で北朝鮮との首脳会談を実現したトランプ米大統領の、戦後長い時間をかけて築き上げてきたグローバルなスキームを壊しかねない言動や行動に、世界が振り回され続けている。

 交渉術の天才と自負するトランプ氏のことだから、あらゆる言動や行動は、ひたすら米国を優位にする結果を得るための交渉術だ。そのプロセスが大胆で、とっぴな行動様式に世界が戸惑い続けているだけのことかもしれない。

 4500億ドル相当もの中国製品に高関税をかけるという常識外れの言動も、トランプ流交渉術の脅しに過ぎ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文723文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
  2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです