メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 全国的に梅雨入りし、お天気の移り変わりが気になる季節になった。天気予報も重宝するが、時には自分で空を見上げ、「予報」してみてはいかが。

 ●空気を感じよう

 「天気を知るには、空の変化に注目し、体感を研ぎ澄ませて空気を感じることが大切です」

 民間気象会社「ウェザーニューズ」の気象予報士、宇野沢(うのざわ)達也さんは、そう話す。朝からカラリとした暑さだと、その日は好天。ムシムシした暑さなら、その後の天気は崩れる可能性が高い。たとえばゲリラ豪雨が起きる日は、朝から蒸し暑く、空気がまとわりつく感じがあるという。

 空の色にも注目しよう。青く見える時は空気が乾燥し、白っぽい時は湿度が高い。エアコンに慣れてしまいが…

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1538文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  2. アクセル決めた!紀平、笑顔のフィニッシュで220点台
  3. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  4. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  5. チチロー「いつか来る日が来てしまった」 孤高の天才支えた父や妻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです