メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療とともに

特別編 前立腺がんの陽子線治療、保険適用に 関西の新設2院

 最先端の陽子線治療は、建設コストが高いために国内には少数の施設しかなかったが、関西圏では相次いで2施設が開設された。いずれも利便性もよく、通常の生活をしながら通院治療ができる。

高精度の治療装置導入 大阪陽子線クリニック

 医療法人伯鳳会が大阪府内で初めて開設した施設で、2017年11月に治療を開始した。前立腺がんの患者を中心に年間300人から400人の治療にあたる。

 ここには、陽子を光速の70%程度まで加速し、がん病巣の位置や形状に合わせ最適な方向から照射できる、…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1183文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 一日警察署長 交通ルール守ってね AKB48・永野さん
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです