メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安田純平さんの消息が不明になってからの動き

混迷シリア「第三者の目、必要」

 取材でシリアに入ったジャーナリストの安田純平さん(44)が行方不明になって23日で3年になる。シリア内戦では日本人ジャーナリストが犠牲になり、インターネットでは紛争地での取材自体に「無謀」との批判も出た。だが、シリアの混迷は続いており、取材にかかわる人たちは取材者が「第三者の目」となり、報じる重みは増していると訴える。【福島祥、金子淳】

 シリアは2011年3月に内戦が本格化し、死者は35万人以上とされる。複数の知人によると、安田さんは…

この記事は有料記事です。

残り1597文字(全文1832文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです