メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/3 「ふるさとへ」の思いに応え 島根・隠岐 散骨の島 詳報

 戦後、昭和の後半期を通じて、明治民法から続く「イエ(家)制度」の影響を引きずる形で日本の墓は後継ぎがいることを前提にした「〇〇家之墓」が当たり前だった。ところが、1990年代に入ると、増えてきた非婚者から異議が出始める。「承継者(後継ぎ)がいないと墓が持てないのはおかしい」と。また、「夫の実家の墓には入る気がしない」という妻側からの声も高まった。さらに、バブル経済期の地価高騰のあおりで墓地の購入費用が値上がりして、「カネ」の面からも従来型の墓に対する不満はふつうの人たちの間にも蓄積していた。

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 世界の雑記帳 ダーツ世界大会、試合敗北の選手が相手の「おなら」のせいと苦情
  5. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです