メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/3 「ふるさとへ」の思いに応え 島根・隠岐 散骨の島 詳報

 戦後、昭和の後半期を通じて、明治民法から続く「イエ(家)制度」の影響を引きずる形で日本の墓は後継ぎがいることを前提にした「〇〇家之墓」が当たり前だった。ところが、1990年代に入ると、増えてきた非婚者から異議が出始める。「承継者(後継ぎ)がいないと墓が持てないのはおかしい」と。また、「夫の実家の墓には入る気がしない」という妻側からの声も高まった。さらに、バブル経済期の地価高騰のあおりで墓地の購入費用が値上がりして、「カネ」の面からも従来型の墓に対する不満はふつうの人たちの間にも蓄積していた。

この記事は有料記事です。

残り2041文字(全文2290文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです