メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いのちのほとりで

/3 「ふるさとへ」の思いに応え 島根・隠岐 散骨の島 詳報

 戦後、昭和の後半期を通じて、明治民法から続く「イエ(家)制度」の影響を引きずる形で日本の墓は後継ぎがいることを前提にした「〇〇家之墓」が当たり前だった。ところが、1990年代に入ると、増えてきた非婚者から異議が出始める。「承継者(後継ぎ)がいないと墓が持てないのはおかしい」と。また、「夫の実家の墓には入る気がしない」という妻側からの声も高まった。さらに、バブル経済期の地価高騰のあおりで墓地の購入費用が値上がりして、「カネ」の面からも従来型の墓に対する不満はふつうの人たちの間にも蓄積していた。

この記事は有料記事です。

残り2035文字(全文2284文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです