メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

丹下日出夫のズバッと

G1 阪神11R・宝塚記念 (日曜競馬)

首位奪還、キセキ

 昨年の菊花賞馬キセキが復活ののろしをあげる。昨年3月の毎日杯で3着に終わり春のクラシックは断念したが、一息入れて夏の中京500万下、新潟1000万下を連勝。そして神戸新聞杯2着をステップに菊花賞を制した。しかし体力不足から香港ヴァーズは9着に惨敗。年明け初戦の日経賞も折り合いを欠き9着に敗れた。まだ心身ともに未成熟ではあるが、短期放牧で立て直しを図り、ここに向けコース追い中心に調整。木曜発表の馬体重は502キロと、思惑通り厚みを増して戻ってきた。大外16番枠を引いたが、折り合いさえつけば馬場のいいところを選んで走ることができる。パワー…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文699文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです