メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公文書管理監

権限拡大 不正防止 ポスト新設は見送り

政府の公文書管理を巡る新体制のイメージ図

 政府は財務省の決裁文書改ざんなど公文書管理を巡る問題を受け、各省庁の文書管理を横断的に監視する局長級の新たな役職について、特定秘密を監視する内閣府の独立公文書管理監の権限を拡大して兼務させる方針を固めた。内閣府に局長級の専門官を新設することを検討したが、行政の肥大化などを避けるため見送り、現在は審議官級の独立公文書管理監を局長級に格上げする。また、各省庁に新設する公文書担当官も兼務となる方向だ。いずれも兼務で、膨大な公文書の監視が可能か実効性が問われそうだ。

 独立公文書管理監は、特定秘密の指定・解除、管理が適切かどうかを検証・監察するなどの権限を持つ。20…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  5. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです