メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

サッカー選手移籍と絵画落札=東短リサーチ・チーフエコノミスト 加藤出

 ワールドカップに世界のサッカーファンが熱狂中だが、そのスター選手たちのクラブ移籍額が近年異様な高騰を見せている。背景を美術品競売人のフィリップ・フック氏が著書「サザビーズで朝食を」で解説していた。

 絵画の競売落札額とサッカー選手移籍額の過去最高記録は一見関係なさそうだが、実は抜きつ抜かれつ上昇してきたという。同書は2012年までのデータを対象にしているが、最近の事例にもその傾向は当てはまる。09年にポルトガル代表のロナルド選手が約130億円で移籍した後、13年にベーコンの作品が約140億円、15年にピカソが約220億円で落札された。17年夏にはブラジル代表のネイマー…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文718文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです