メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

元患者を追悼 東京・霞が関で式典

「追悼の碑」に献花する加藤厚労相=東京都千代田区で2018年6月22日午前11時23分、江刺正嘉撮影

 国の強制隔離政策で差別や偏見を受けながら亡くなったハンセン病の元患者を追悼し、名誉を回復する厚生労働省主催の式典が22日、東京・霞が関の同省であり、元患者や国会議員ら約200人が参列した。

 ハンセン病補償法の施行日(2001年6月22日)にちなみ、この日を「名誉回復及び追悼の日」と定め、毎年式典を行っている。

 省内にある「追悼の碑」に加藤勝信厚労相や全国ハンセン病療養所入所者協議会(全療協)の森和男会長(7…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  2. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 原爆写真カラー化 がれき画像500枚学習 記憶すり合せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです