メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ ライバルは成長の糧=競泳・渡辺一平

渡辺一平

 4月の日本選手権男子200メートル平泳ぎで2位に入り、ジャカルタ・アジア大会などの代表権を獲得しました。日本選手権は、今の僕には夏の主要国際大会に向けた「通過点」となりましたが、日本で一番を争う競泳選手にとって特別な大会です。

 日本選手権には高校2年から出場しています。初めて日本代表入りを決めたのは、2016年リオデジャネイロ五輪代表を懸けた大会でした。平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介さんが注目され、会場の応援は北島さん一色。アウェーの雰囲気を感じましたが、当時の僕はプレッシャーを感じませんでした。大学2年の伸び盛りの時期で自信を持って挑戦者として臨み、200メートル平泳ぎで小関也朱篤(やすひろ)選手に次いで2位に入りました。

 今大会は冬場に足をけがした影響で、泳ぎ込み不足から200メートル平泳ぎではラスト50メートルで体が…

この記事は有料記事です。

残り902文字(全文1272文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです