メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョージア

徳島県内で事前キャンプ 19年ラグビーW杯

協定書に署名するゴチャ・スヴァニゼ会長(右奥)と飯泉嘉門知事(手前)=徳島県庁で、松山文音撮影

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、ジョージア代表チームが徳島県内で事前キャンプを実施することが決まった。県ラグビー協会関係者が持つ人脈から、ジョージア代表が日本の標準的な気候の練習場所を探しているという情報を得て、取り組んでいた県の誘致戦略が実を結んだ。21日にジョージアラグビー協会のゴチャ・スヴァニゼ会長らが県庁を訪れ、基本協定を締結した。【松山文音】

 締結式では飯泉嘉門知事が「代表チームが準備万端で、体調も整えられるよう、食やおもてなしでリラックス…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです