メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジョージア

徳島県内で事前キャンプ 19年ラグビーW杯

協定書に署名するゴチャ・スヴァニゼ会長(右奥)と飯泉嘉門知事(手前)=徳島県庁で、松山文音撮影

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、ジョージア代表チームが徳島県内で事前キャンプを実施することが決まった。県ラグビー協会関係者が持つ人脈から、ジョージア代表が日本の標準的な気候の練習場所を探しているという情報を得て、取り組んでいた県の誘致戦略が実を結んだ。21日にジョージアラグビー協会のゴチャ・スヴァニゼ会長らが県庁を訪れ、基本協定を締結した。【松山文音】

 締結式では飯泉嘉門知事が「代表チームが準備万端で、体調も整えられるよう、食やおもてなしでリラックス…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです