メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

コマ型のリュウグウ 着陸に有利か不利か

リュウグウの最新画像について説明する吉川真・はやぶさ2ミッションマネジャー=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年6月21日、永山悦子撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)が21日に公開した小惑星リュウグウの最新画像から、これまで未知の世界だった探査機「はやぶさ2」の目的地の素顔が見えてきた。出発前はジャガイモのような球状と考えられていたが、近付くにつれて明らかになったのは、コマ回しのコマや、カクテルグラスを二つ合わせたかのような形。表面には、大きなクレーターや岩塊などもありそうだ。このリュウグウの形は、はやぶさ2の着陸にとって有利か不利か。【永山悦子】

 この日の記者説明会では、6月18日(リュウグウから216キロ地点)から20日(同100キロ地点)に…

この記事は有料記事です。

残り1875文字(全文2136文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです