メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長崎発!

できることを /長崎

 「生きて、繋(つな)いで」。チラシの文字に力強さ感じ、強い雨が降る中、長崎市で開かれている写真展の会場に足を運んだ。被爆者とその孫らが一緒に写る家族写真などが展示されていた。記憶の継承を目的に、3年前に広島の写真家らが始めた。

 写真には被写体となった人々のメッセージも添えてある。「争いを起こせば失うものばかりだということを、未来を生きる子供達に伝わっていくように祈っています」。19歳の男性は被爆した祖父の人生を踏まえ、自らの思いをつづっていた。

 主催者の一人、長崎市の写真館に勤める被爆3世の草野優介さん(30)は写真10点を出品した。自分の写…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです