メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金鍾泌・韓国元首相死去

「最後の三金」に哀悼 清濁併せのむ風雲児

金大中事件で会談する右から大平正芳外相、田中角栄首相、金鍾泌韓国首相(いずれも当時)=首相官邸で1973年11月2日

 【ソウル堀山明子】1980年代以降の韓国民主化の過程で、金泳三(キムヨンサム)、金大中(キムデジュン)両元大統領(いずれも故人)とともに政界をリードして「三金時代」を築いた金鍾泌(キムジョンピル)元首相(92)の訃報は、韓国では「最後の三金が他界」(朝鮮日報)と報じられ、大物政治家中心の時代が完全に幕を閉じたと受け止められた。

 軍事政権の朴正熙(パクチョンヒ)大統領と、民主化のシンボルだった金大中大統領という敵対する2政権の…

この記事は有料記事です。

残り664文字(全文880文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  2. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  3. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  4. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  5. 安倍政権 麻生氏、菅氏ら留任へ 「次の国会に改憲案」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです