メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

記者編 ニジマスのみそ漬け 手間ひまかけ原点守る

2年前には新商品の甘露煮を披露した巣山益栄さん

 約30年前、北アルプスのふもとにある長野県大町市で記者をしていたころ、絶妙な味の「ニジマスのみそ漬け」があった。元気の良いおしゃべり好きの女性が手塩にかけて作っていた。今も、あの味はあるのか。

 大町市に住んでいたのは1981年から約5年間。ある日、知人にアルミホイルに包まれた「ニジマスのみそ漬け」を教えてもらった。手に入れて焼いて食べたところ、ひと味違ったみその香りが鼻を心地よく刺激し、ほどよい甘さと辛さが絶妙で口に合った。1匹400円。当時としてはやや高い買い物だったが、おいしさには勝てず、何度も食べていた。

 あれから約30年。この「もう一度食べたい」欄で紹介できないかと考えた。果たしてあの女性は今も作って…

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1520文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 宮城、復興住宅全て完成 1万5823戸 被災3県で初
  2. プーチンのロシア ウクライナ危機5年/7 改革の誓いむなしく
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです