メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

伊東光晴・評 『人口減少社会の未来学』=内田樹・編

 (文藝春秋・1728円)

人口減少に対処する体制を

 国立社会保障・人口問題研究所の予測する日本の将来人口は、二〇六五年には約八八〇八万人と推定されている。現に、生産年齢人口は一九九五年がピークであり、総人口も二〇一〇年をすぎて減少に転じている。本書はこの問題に対する一一人の論考を集めたものである。

 なぜ人口が減り続けるのか。平川克美「人口減少がもたらすモラル大転換の時代」が、明確に答えている。

 五歳きざみで、母親の年齢を区切ると、三〇歳以上は子供の出生数の変化は少ない。減っているのは二〇歳代…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防衛省「最終見解」 にじみ出る不快感 火器管制レーダー照射問題
  2. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  3. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず
  4. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  5. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです