メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

風邪のあとにおい感じず=答える人・近藤健二准教授(東大病院・耳鼻科)

東大病院 近藤健二准教授(耳鼻科)

 Q 風邪のあとにおい感じず

 昨年夏に風邪を引いたあと、においを感じなくなりました。漢方薬を1カ月ほど飲みましたが治りません。良い治療法はありませんか。(群馬県、男性、82歳)

 A 根気よく嗅神経刺激

 においは鼻の奥にある「嗅神経(きゅうしんけい)」という神経細胞で感知し、脳の「嗅球(きゅうきゅう)」に情報が伝わって認識されます。鼻づまりなどで空気が嗅神経に届かずにおいを感じない状態を「気導性嗅覚障害」、風邪などのウイルスに感染し嗅神経自体がダメになる状態を「嗅神経性嗅覚障害」と言います。前者は治りやすいですが、後者は厄介です。

 相談者の場合、1年近く嗅覚障害が続いており、高齢である点から嗅神経性嗅覚障害と考えられます。視神経…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです