メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

風邪のあとにおい感じず=答える人・近藤健二准教授(東大病院・耳鼻科)

東大病院 近藤健二准教授(耳鼻科)

 Q 風邪のあとにおい感じず

 昨年夏に風邪を引いたあと、においを感じなくなりました。漢方薬を1カ月ほど飲みましたが治りません。良い治療法はありませんか。(群馬県、男性、82歳)

 A 根気よく嗅神経刺激

 においは鼻の奥にある「嗅神経(きゅうしんけい)」という神経細胞で感知し、脳の「嗅球(きゅうきゅう)」に情報が伝わって認識されます。鼻づまりなどで空気が嗅神経に届かずにおいを感じない状態を「気導性嗅覚障害」、風邪などのウイルスに感染し嗅神経自体がダメになる状態を「嗅神経性嗅覚障害」と言います。前者は治りやすいですが、後者は厄介です。

 相談者の場合、1年近く嗅覚障害が続いており、高齢である点から嗅神経性嗅覚障害と考えられます。視神経…

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文961文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです