メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー

リポビタンDチャレンジカップ 日本、スクラムで優位 ジョージアを零封

【日本-ジョージア】後半9分、FWファンデルバルトがトライを決める=愛知・豊田スタジアムで2018年6月23日、大西岳彦撮影

 ラグビーの日本代表は23日、愛知・豊田スタジアムで、テストマッチ「リポビタンDチャレンジカップ2018」第3戦に臨み、28-0でジョージア代表に快勝した。世界ランキング11位の日本は12位のジョージアとの通算対戦成績を5勝1敗とし、6月のテストマッチシリーズを2勝1敗で終えた。

 日本は雨の影響もあり前半はミスが目立ったが、PG3本を決め9-0で折り返した。後半はスクラムなどFW戦で優位に立ち、9分に途中出場のロックのファンデルバルト(NTTドコモ)がチーム初トライを決めた。さらに12分にレメキ(ホンダ)、27分には姫野(トヨタ自動車)のトライで突き放した。

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1178文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです