メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金鍾泌氏死去

韓国「三金」時代に幕 清濁併せのむ風雲児

金大中事件で会談する右から大平正芳外相、田中角栄首相、金鍾泌韓国首相(いずれも当時)=首相官邸で1973年11月2日

 【ソウル堀山明子】1980年代以降の韓国民主化の過程で、金泳三(キム・ヨンサム)、金大中(キム・デジュン)両元大統領(いずれも故人)とともに政界をリードして「三金時代」を築いた金鍾泌(キム・ジョンピル)元首相(92)の訃報は、韓国では「最後の三金が他界」(朝鮮日報)と報じられ、大物政治家中心の時代が完全に幕を閉じたと受け止められた。

 軍事政権の朴正熙(パク・チョンヒ)大統領と、民主化のシンボルだった金大中大統領という敵対する2政権…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文938文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです