メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

軌道修正あと3回「問題なく到着できそう」

小惑星探査機「はやぶさ2」の軌道修正について議論する宇宙航空研究開発機構(JAXA)チーム。右は津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネジャー=JAXA相模原キャンパスの運用室で2018年6月23日、池田知広撮影

最終段階の接近運用でJAXA会見

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの到着を前に、最終段階の接近運用に関する記者説明会が23日開かれ、津田雄一プロジェクトマネジャーは「大きな問題なく到着できそうだが、非常に慎重に、緊張感を持って運用している。予定通り到着させたい」と意気込みを語った。

 はやぶさ2は6月に入り、搭載したカメラでリュウグウの位置を確認しながら軌道修正を繰り返している。23日午後7時現在、リュウグウまで33キロの位置を飛行しており、秒速11センチと非常にゆっくりとした速さで接近中。24日には秒速1センチにまで落とし、27日ごろの到着を目指…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  2. 300キロ超大物クロマグロ 和歌山・那智勝浦
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 器物損壊 原爆ドーム前の慰霊碑に汚物? 広島中央署捜査 /広島
  5. 運転手足りない 見直し相次ぐ路線バス 沿線住民からは不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです