メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

軌道修正あと3回「問題なく到着できそう」

小惑星探査機「はやぶさ2」の軌道修正について議論する宇宙航空研究開発機構(JAXA)チーム。右は津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネジャー=JAXA相模原キャンパスの運用室で2018年6月23日、池田知広撮影

最終段階の接近運用でJAXA会見

 探査機「はやぶさ2」の小惑星リュウグウへの到着を前に、最終段階の接近運用に関する記者説明会が23日開かれ、津田雄一プロジェクトマネジャーは「大きな問題なく到着できそうだが、非常に慎重に、緊張感を持って運用している。予定通り到着させたい」と意気込みを語った。

 はやぶさ2は6月に入り、搭載したカメラでリュウグウの位置を確認しながら軌道修正を繰り返している。23日午後7時現在、リュウグウまで33キロの位置を飛行しており、秒速11センチと非常にゆっくりとした速さで接近中。24日には秒速1センチにまで落とし、27日ごろの到着を目指…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです