メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄慰霊の日

「戦争 民間人が犠牲に」 報道写真家・石川文洋さん講演 /大阪

ベトナム戦争の写真をモニターに映し「地上戦を経験した古里の沖縄と重ねてシャッターを切った」と語る石川文洋さん=大阪市大正区の大阪沖縄会館で、土田暁彦撮影

 沖縄戦の犠牲者を悼む「慰霊の日」(23日)にちなみ、大阪市大正区の大阪沖縄会館で24日、報道写真家、石川文洋さん(80)の講演会があった。同区の関西沖縄文庫などの実行委主催。

     石川さんは那覇市出身。1965~68年にベトナム戦争の最前線を取材した。講演会では、米兵や当時の南ベトナム住民らを撮影した写真約30枚を見せ、「地上戦を経験した古里の沖縄と重ねてシャッターを切った」と語った。機銃掃射で足をなくした子どもが病院で「痛い痛い」と泣く様子などを振り返り、「米軍は民間人が軍を支えていると考え、村を機銃で攻撃していた。民間人が犠牲になるのが戦争だ」と話した。

     石川さんは米軍普天間飛行場の移設工事が進む沖縄県名護市辺野古でも取材を続け、座り込む住民らが全国から集められた機動隊員に排除される場面などを撮影した。「沖縄戦や米軍基地が集中する戦後の歴史を知らないのか」と政府を批判した。【土田暁彦】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    4. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです