メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分断の深層

トランプ時代の合衆国(その1) ヘイトも「表現の自由」 ネオナチ幹部、ネットで拡散

庭にカギ十字旗「ユダヤ人排斥」

 トランプ政権下の米国で急増しているネオナチ組織は「表現の自由」を盾に、インターネットを通じて白人至上主義やユダヤ人排斥のイデオロギーを世界に拡散しようとしている。憲法で保障された権利が、差別発言を正当化する根拠にもなっている米国。その現場を歩いた。【ポッター郡(東部ペンシルベニア州)で國枝すみれ】

 庭先には、ナチスのシンボル「カギ十字」の旗がなびく。30州以上に支部を持つ全米最大のネオナチ組織「…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1049文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです