メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシアW杯

サッカー 1次リーグ 日本、セネガルとドロー 本田、3大会連続ゴール

セネガル戦の後半、同点ゴールを決める本田(中央)=ロシア・エカテリンブルクで24日、長谷川直亮撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会1次リーグH組の日本代表は24日午後8時(日本時間25日午前0時)からセネガルと対戦し、乾貴士(ベティス)の今大会初得点、本田圭佑(パチューカ)の3大会連続となるゴールなどで2-2と引き分けた。ともに勝ち点を4とした。

 日本は1点を追う前半34分、柴崎岳(ヘタフェ)からのロングボールを長友佑都(ガラタサライ)がペナルティーエリア内で受け、乾のシュートで追いついた。日本は後半26分にワゲのシュートで1点差とされたが途中出場の本田が同33分に同点のシュートを決めた。

 日本は2大会ぶりの1次リーグ突破をかけ、28日午後5時(日本時間午後11時)にボルゴグラードでポー…

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1232文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです