メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広

小惑星リュウグウ=宇宙航空研究開発機構提供

 なるほドリ 小惑星探査機(しょうわくせいたんさき)「はやぶさ2」がもうすぐ目的地に到着するんだって?

 記者 小惑星リュウグウですね。生命に不可欠な有機物(ゆうきぶつ)や水を含むとみられる「C型」の小惑星で、はやぶさ2はここの岩石を採取し、2020年に地球に持ち帰る計画です。

 Q C型って?

 A 炭素(たんそ)(元素記号C)を比較的多く含む小惑星という意味です。初代はやぶさが10年に試料を持ち帰った小惑星イトカワは、岩石質であることを示すS型でした。ほかに金属が豊富なM型などがあります。反射する太陽光の特徴から表面の物質が推定でき、その組成(そせい)によって分類しています。リュウグウはイトカワより黒っぽい色をしていま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. 梅原猛さん死去 京都「お別れの会」 ユーモラスに厳かに 豪快逸話続々、惜別の歌も /京都
  4. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  5. 工藤会トップに6448万円賠償命令 一般人襲撃で福岡地裁判決

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです