メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

文化行政50年の課題 前文化庁長官(東京大名誉教授)青柳正規氏

政策担う人材づくりを

 文化庁が1968(昭和43)年に創設=1=されて50年を迎えた。今国会で改正文化財保護法が成立し、観光資源として文化を地域振興に生かす機運が高まっている。東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年を前に政府が訪日客の増加を成長戦略に位置づける中、現在の文化行政にどんな課題があるのか。青柳正規・前文化庁長官(73)に聞いた。【聞き手・岸俊光、写真・宮武祐希】

--文化庁の創設から、6月で50年を迎えました。この間の文化行政をどう評価しますか。

この記事は有料記事です。

残り2946文字(全文3179文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです