メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪震度6弱 1週間 その時私たちは 教訓と課題

 大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震は25日で発生から1週間。あの日、大きな揺れに襲われた人たちはどう行動し、どんな教訓を得たのか。被害を振り返り、都市直下型地震の備えについて考える。

 ◆家具転倒

危機感薄れ固定せず 大阪府茨木市、主婦、辻野麻子さん(57)

 家族を送り出して2階に上がった直後、大きな揺れに見舞われました。家がガタガタと大きな音を立て、目の前でタンスが倒れました。スローモーションみたいに一瞬が長く感じられました。

 子どもの頃から「地震の時はテーブルの下に頭を隠す」と教えられましたが、余裕はありませんでした。別の…

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1946文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです