メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

大阪震度6弱 1週間 その時私たちは 教訓と課題

 大阪府北部で最大震度6弱を観測した地震は25日で発生から1週間。あの日、大きな揺れに襲われた人たちはどう行動し、どんな教訓を得たのか。被害を振り返り、都市直下型地震の備えについて考える。

 ◆家具転倒

危機感薄れ固定せず 大阪府茨木市、主婦、辻野麻子さん(57)

 家族を送り出して2階に上がった直後、大きな揺れに見舞われました。家がガタガタと大きな音を立て、目の前でタンスが倒れました。スローモーションみたいに一瞬が長く感じられました。

 子どもの頃から「地震の時はテーブルの下に頭を隠す」と教えられましたが、余裕はありませんでした。別の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  2. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  3. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. ORICON NEWS 松本人志、HKT指原への「体を使って」発言を弁明 カットしなかったのは「鬼のようにスベったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです