メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

大阪北部地震1週間 鉄道止まり踏切遮断、救急搬送に遅れ 都市災害、渋滞で混乱

運転を見合わせた主な京阪神の路線

 大阪府北部を震源とする18日の地震から1週間が経過し、さまざまな要因が絡み合う都市災害に特有の課題が浮き彫りになってきた。朝のラッシュ時を直撃した最大震度6弱の揺れで近畿の鉄道網は長時間乱れ、高速道路も閉鎖されたことで幹線道路で「地震渋滞」が発生し、緊急車両の走行や復旧作業を妨げた。災害弱者への対応にも不備があり、混乱をいかに回避するかが問われている。

 「この踏切、もう2時間以上も開かないんですよ」。18日午前11時過ぎ、大阪府摂津市内で70代女性が…

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2210文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. ドラマ◎NHK 「いだてん」降板、瀧容疑者へ損害賠償請求検討(スポニチ)
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです