メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

識者に聞く 対イラン、影響限定的 モハメド・ファラハト氏(エジプト アハラム政治戦略研究所上席研究員)

モハメド・ファラハト氏=提供写真

 北朝鮮は中東・アフリカ諸国との関係が深い。北朝鮮指導部は長年、米国の宿敵だったイラクとリビアは核を放棄したために体制が崩壊したと信じてきた。指導部がこの考えを即座に改めるとは思えない。金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の任期は決まっていないが、トランプ米大統領には任期がある。政権が代われば米国の姿勢が変わることもあり得る。北朝鮮はトランプ政権後まで視野に入れ、のらりくらりと交渉を続けることも考えられる。

 そもそも行動が予測できないトランプ氏が政権の座にある限り、実はどのような国際的合意も意味を成さない…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. イチロー、華麗な守備は健在
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  5. クックパッドニュース 本当にむね肉!?しっとりジューシーな「蒸し鶏」がフライパンで簡単にできた!

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです