メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ハーレー生産、国外へ 政策裏目 欧州向け、報復関税避け

2017年2月、米ワシントンのホワイトハウスで、ハーレーダビッドソン社幹部と会ったトランプ大統領(右)=ゲッティ共同

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領が仕掛ける「貿易戦争」を巡り、欧州連合(EU)の報復関税の対象になった米オートバイ大手ハーレーダビッドソンは25日、関税負担を避けるためオートバイ生産の一部を米国から国外に移転すると発表した。トランプ政権の保護主義政策は、米国内での生産や雇用拡大が狙いだが、裏目に出た格好だ。

 トランプ政権の鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限に対抗するため、EUは22日、米国の象徴的製品である…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文588文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  2. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  3. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです