メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

プログラミングでお話作り 筑波大付属小の「生活科」授業

自分で考えた物語に沿ってブロックで作った「動物」が動くようにプログラミングし、発表する児童ら=東京都文京区で

 小学校でプログラミング教育が必修化されるまであと約2年。先行して取り組む自治体がある一方で、どのように取り組めばいいか分からない教員もいる。文部科学省は今春、「小学校プログラミング教育の手引」を作成したばかりで、教員研修などはまだこれからだ。IT教育に先行して取り組む筑波大学付属小学校で、2014年からプログラミングの授業をしている鷲見(すみ)辰美教諭は「詳しい知識がなくても授業はできる」と話す。同小の授業を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り1325文字(全文1537文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです