メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

番付発表 栃ノ心、西大関 照ノ富士は幕下転落

 日本相撲協会は25日、大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)の新番付を発表し、新大関の栃ノ心は3大関で最下位の2番手の西大関になった。ジョージア出身初の大関で、外国出身では11人目。史上4位の高年齢、30歳9カ月での新大関場所になる。

 夏場所で自身初の連覇を果たした鶴竜は東横綱。単独10位の幕内在位85場所目の白鵬が西で、7場所連続休場中の稀勢の里が2番手の東に座る。栃ノ心以外の大関はカド番で、東の豪栄道が7回目、西の高安は2回目。

 関脇は2場所連続の逸ノ城が東に回り、西には2場所ぶり復帰の御嶽海。小結は3場所ぶりに三役に戻った玉…

この記事は有料記事です。

残り2273文字(全文2550文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  2. 青森市議、今度は盗聴疑い 議員控室内をスマホで録音
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  5. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです