メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市大2病院

がん報告、11件見落とし 男性1人は死亡

 横浜市立大は25日、同市内の付属病院と付属市民総合医療センターで2012年以降、コンピューター断層撮影(CT)などでがんの疑いが指摘されていたのに、担当医が画像診断報告書を見落とすなどし、60~90代の男女11人ががんと診断されなかったと発表した。1人は検査から約5年半後の今年4月、がんで死亡した。

 死亡したのは横浜市の60代男性。12年10月に付属病院で心臓、血管のCTを受けた。CTを見た放射線…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い
  4. 青森市議「盗聴」疑惑で辞職勧告 控室にスマホ置き無断で録音
  5. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです