メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

横浜市大2病院

がん報告、11件見落とし 男性1人は死亡

 横浜市立大は25日、同市内の付属病院と付属市民総合医療センターで2012年以降、コンピューター断層撮影(CT)などでがんの疑いが指摘されていたのに、担当医が画像診断報告書を見落とすなどし、60~90代の男女11人ががんと診断されなかったと発表した。1人は検査から約5年半後の今年4月、がんで死亡した。

 死亡したのは横浜市の60代男性。12年10月に付属病院で心臓、血管のCTを受けた。CTを見た放射線…

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文648文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです