メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

マティス国防長官訪中へ「じっくりと中国の話聞く」

マティス米国防長官=AP

機中で記者団に対話重視の考え示す

 【ワシントン会川晴之】米国防総省は25日、マティス国防長官が26日から3日間、訪中すると発表した。トランプ政権は中国を米国にとっての「戦略的競争国」と位置づけ、南シナ海問題などで対立する一方、北朝鮮の非核化実現に向けては協調姿勢を保とうとしている。マティス氏は経由地のアラスカに向かう機中で記者団に「まずはじっくりと中国側の話を聞きたい」と述べ、対話を重視する考えを示した。

 米国防長官の訪中は2014年のヘーゲル長官の訪問以来、約4年ぶり。マティス氏にとっても、初訪中とな…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文584文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです