メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マグロ規制

海外の視線厳しく 増枠は不透明

太平洋クロマグロの漁獲量の推移

 太平洋クロマグロを巡っては、国際機関が資源量の回復を示す調査結果を明らかにするなどし、国内漁業者には漁獲枠拡大への期待が高まっている。日本政府も増枠に向けた動きを強めている。ただ、国際合意した漁獲枠を守れるかは微妙な状況だ。資源管理に対する海外の視線は厳しく、日本政府は漁業者保護と資源管理との間で難しい対応を求められる。

 日本近海を含む中西部太平洋に生息するクロマグロやカツオなど回遊魚の資源管理は、国際機関の中西部太平…

この記事は有料記事です。

残り452文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  4. 大阪市の指定暴力団幹部宅で拳銃4丁と覚醒剤約1.5キロを押収
  5. 藤井七段、通算100勝 最年少・最速で達成

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです