メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ややパリには遠く~南仏留学記

フランス語、しゃべれるようになった?

パリのイラン料理屋で食べた「クービーデ」。付け合わせはサフランライス、焼きトマト、生タマネギです。バターはご飯とまぜて。これはイランでも同じ=2018年6月17日午後2時24分、久野華代撮影

 フランス北部・ノルマンディー地方にあるルーアンという町に、フランス語習得のため今年の4月から留学しています。新聞記者の仕事を離れ、留学生活を日記風につづっています。

 「フランス語、少しはしゃべれるようになった?」

 ルーアン留学が始まってから2カ月半。日本から友人たちがメッセージを送ってくれます。どの程度かは先週、語学学校の先生に指摘されたこの一言で伝えられそうです。「注意してね! あなたは動詞を活用せずにしゃべっています」。衝撃でした。自分ではちゃんと活用して話しているつもりだったのに、単語を並べているだけらしいのです。「何でもいいから声に出してみよう」という時期は終わり、「そろそろ正確に話そう」と言われた気がしました。

 フランス語は、主語が「わたしか、あなたか、それ以外か、そして単数か複数か」によって動詞の形が変わり…

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  5. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです