メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

リュウグウ到着 壊れないエンジン求めて 観測後に着陸

はやぶさ2が撮影した小惑星リュウグウ=2018年6月26日、宇宙航空研究開発機構、東京大など提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」が27日午前9時35分、地球から約2億8000万キロ離れた目的地の小惑星リュウグウの上空20キロの地点に到着した。表面を詳しく観測し、10月ごろに最初の着陸を試みる。

 はやぶさ2は岩石を採取し、2020年末ごろ地球に持ち帰る予定。リュウグウは生命の材料となる有機物を比較的多く含むと考えられており、太陽系の成り立ちや生命の起源に迫る計画だ。はやぶさ2は10年に小惑星の試料を地球に持ち帰った探査機「はやぶさ」の後継機で、14年12月に打ち上げられた。【池田知広】

 はやぶさ2を2億8000万キロのかなたの小惑星リュウグウまで送り届けた立役者は、主エンジンのイオン…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです