メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート

1ページのために必要な取材=粥川準二(科学ライター)

 今年1月、ネコから人間に感染して死亡例が出たことぐらいしか知らない「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」の記事を書くことになった。締め切りまで6日間。すぐ厚生労働省の発表資料と、国立感染症研究所のウェブサイトの解説に目を通した。またそれなりの数の論文など資料(ほぼすべて英文)を入手し、ざっと読んだ。

 そのうえで「取材」を開始した。まず厚労省の担当課に電話して、資料やこれまでの報道ではわからないこと…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. 記者のこだわり 不倫相手に請求できる? 離婚慰謝料訴訟 19日に最高裁判決
  4. 「残念に思うと申し上げた」河野氏、韓国外務省コメント「抗議せず」に反論
  5. トランプ米大統領 非常事態宣言 共和苦境 「無効化」決議に複数同調か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです