メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

少子高齢時代の医療

山田康介氏

 2025年に65歳以上の高齢者が3割を超え、53年には人口が1億人を割ると推計される日本。少子高齢社会の到来に備え、厚生労働省は今春、大病院などへの入院中心から、かかりつけ医など地域医療中心への転換を目指す診療報酬改定を実施した。限られた財源と人材の中で、持続可能な医療を実現するためには何が必要か。

この記事は有料記事です。

残り4377文字(全文4528文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです