メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

旧優生保護法下の人権侵害 国は過ちを認めよ=上東麻子(生活報道部)

10代のころに不妊手術を強制され、生身の人間の痛みを知ってもらうため「飯塚淳子」の名で活動している宮城県の70代女性。記者会見で長年にわたるつらい思いと多くの人に支えられた感謝を口にした=仙台市青葉区で13日、滝沢一誠撮影

 障害者への強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)について、73年当時の厚生省公衆衛生局長が法の根拠となる疾患の遺伝性を事実上否定する発言をしていたと4日朝刊1面で報じた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の官僚への取材から、発言は個人の気まぐれでなく、課全体の認識だったことを強調したい。

 経緯を振り返る。発言は、医師資格を持つ旧法の担当局長が「行政の立場から」と前置きした上で、強制不妊…

この記事は有料記事です。

残り1832文字(全文2037文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 気になる!保育所 おむつ処分 予算がない?
  4. ワンピース 「食戟のソーマ」チームがサンジ描く! ジャンプで連載21周年特集
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]