メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
旧優生保護法を問う・記者の目

旧優生保護法下の人権侵害 国は過ちを認めよ=上東麻子(生活報道部)

10代のころに不妊手術を強制され、生身の人間の痛みを知ってもらうため「飯塚淳子」の名で活動している宮城県の70代女性。記者会見で長年にわたるつらい思いと多くの人に支えられた感謝を口にした=仙台市青葉区で13日、滝沢一誠撮影

 障害者への強制不妊手術を認めた旧優生保護法(1948~96年)について、73年当時の厚生省公衆衛生局長が法の根拠となる疾患の遺伝性を事実上否定する発言をしていたと4日朝刊1面で報じた。70~80年代に同省精神衛生課にいた複数の官僚への取材から、発言は個人の気まぐれでなく、課全体の認識だったことを強調したい。

 経緯を振り返る。発言は、医師資格を持つ旧法の担当局長が「行政の立場から」と前置きした上で、強制不妊…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです