メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ大統領選

来月 「無礼な態度やめろ」対米強硬派、優勢 「既成政党打破」支持集め

メキシコ大統領選の選挙運動で演説するロペスオブラドール氏=メキシコ東部ベラクルスで23日、AP

 【ワシントン山本太一】メキシコのペニャニエト大統領の任期満了に伴う大統領選が7月1日、実施される。複数の世論調査によると、汚職や治安を抑止できない与党への不満の受け皿になっている左派の元メキシコ市長、ロペスオブラドール氏(64)が優勢だ。隣国の米トランプ政権に強硬的な姿勢を示しており、当選すれば両国関係が冷え込む可能性がある。

 2006年、12年の大統領選でロペスオブラドール氏は、いずれも小差で次点だった。14年に左派政党「…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです