メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トヨタ

車にネット接続、加速 新型2タイプ発売 ドアを遠隔ロック、燃料の残量確認

トヨタ自動車初の本格コネクテッドカーとなる新型クラウンとカローラスポーツを発売し、説明をする豊田章男社長=東京都江東区で2018年6月26日、太田康男撮影

 トヨタ自動車は26日、新型の高級セダン「クラウン」と主力車「カローラスポーツ」を発売した。インターネット接続で多様なサービスを受けられる本格的な「コネクテッドカー(つながる車)」にしたのが特徴。メンテナンス情報の提供や無料通信アプリ「LINE(ライン)」と連動したサービスなどを売りに、若年層の取り込みや販売以外の収益強化を図る。【小倉祥徳、竹地広憲】

 新型車は専用通信機を標準搭載し、さまざまなサービスを実現した。走行時の車体不具合などのトラブル情報…

この記事は有料記事です。

残り941文字(全文1168文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです