メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

「心の奥に残るものを」 ベルギーの作家 ワリー・デ・ドンケルさん

ワリー・デ・ドンケルさん=石村綾子撮影

 「子どもは誰でも質の高い本を得る権利がある」という思想に基づき、哲学的な児童文学を発表しているベルギーの作家、ワリー・デ・ドンケルさん(60)を招いた講演会が5月末、東京と大阪で開かれた。子どもの内面を育みたいとの信念が語られ、聴衆は熱心に聴き入った。

 ドンケルさんは小学校教師を経て、1989年から作家として活動している。作品はドイツや中国など18カ国で翻訳されているが、邦訳はない。大阪では大阪国際児童文学振興財団が主催した国際講演会で「ベルギーの児童文学~私の心に根ざす哲学」と題して講演した。

 自分が存在しなければ世の中にどんな影響が出るかを問う「Ik mis me」(ぼくがいないとさみしい…

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文686文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです