メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

ダメオシ 実効性欠くウナギ資源管理 中央大准教授(保全生態学)・海部健三さん

 シラスウナギの漁獲と流通は現在、国ではなく都府県の管理になっている。自治体も一生懸命やっていると思うが、地域ごとに漁獲したシラスウナギの販売先ルールが違う上、どうしても地元で利益を囲い込んでしまう傾向もあり、不正な行為を誘発する余地が残る。そもそもウナギは日本だけでなく国際資源であり、国がリーダー…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです