メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラスト・深澤かんな

 悪質商法から消費者を守る対策を強化した改正消費者契約法が今国会で成立、来年6月から施行される。契約を取り消せる「不当な勧誘」の対象を広げたことがポイント。だが、中高年の保護が不十分なことや悪徳商法の新たな手口に対応できない恐れも指摘されている。

 関東地方に住む60代の女性は、カラオケで知り合った男性から、健康食品を紹介された。男性と親密な関係になったこともあり、自分も効果を信じて約1年の間に計12万円分を購入したが、さらに「購入しないと関係を絶つ」と言われ、「恋愛関係を利用されるのはおかしい」と気づいた。

 現行の消費者契約法で、消費者が意思表示をして取り消せる対象は、事業者がうそを告げる▽消費者の不利益…

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文1996文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです