メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピック最前線

建設現場作業靴格好良く スポーツ用品メーカー参入

 建設現場の作業員らが使う靴の市場に、スポーツ用品メーカーが相次いで参入している。従来多かった地味な作業靴からイメージを一新。安全性に加えて、カラフルな色合いやメーカーのマークが入った見た目の格好良さが人気だ。人手不足の建設業など企業側にも歓迎されている。

 ▽5ブランド

 千葉市花見川区の作業用品店「ロイヤルプロワーキング花見川店」で、国内外のスポーツ用品5ブランドの作業靴が売り場で最も目立つ壁沿いにずらりと並ぶ。赤や黄色など明るい色の靴が目につく。

 20~30代の若い世代や、最近増えてきた女性の作業員に人気という。売れ筋は1万円前後の商品。店長は…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  2. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです