メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大相撲 稀勢の里休場 初日から4連敗
旧優生保護法

強制不妊 告知や窓口案内を 弁護団、県に申し入れ 岐阜

 旧優生保護法(1948~96年)の下で障害者らに強制的な不妊手術が実施された問題で、旧優生保護法違憲訴訟岐阜弁護団は26日までに、岐阜県に対し、県優生保護審査会の記録に基づき被害者らに各種窓口の告知などを求める申し入れをした。弁護団によると、都道府県への申し入れは全国初という。

 申し入れは21日付。強制不妊手術を受け…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
  3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです