メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

変化に富むリュウグウ 探査本番へ

 小惑星探査機はやぶさ2が27日午前9時35分、地球から約3億キロ離れた小惑星リュウグウに到着した。2014年12月の打ち上げから3年半。日本の探査機が小惑星に到達するのは、先代のはやぶさ以来となる13年ぶり。その瞬間、管制室では大きな拍手が起き、抱き合ったり、握手したりするなど喜びにあふれたという。吉川真・ミッションマネジャーは「とうとうここまできた。まずはホッとしたが、いよいよこれからミッションの本番。緊張感が出てきている。たくさんの科学的な成果を上げ、着陸や新しい技術に挑戦したい」と話した。

 この日の運用は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパスで午前7時ごろから始まった。同10…

この記事は有料記事です。

残り3191文字(全文3492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. はやぶさ2 「水のないリュウグウ」失望から期待へ 初めて手にする物質の可能性も
  3. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫
  4. はやぶさ2 小惑星リュウグウに自身の「影」写る
  5. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです