メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

首都市場で抗議デモ 米核合意離脱が影響か

 イランの首都テヘランのバザール(市場)で24、25両日、国内不況や通貨価値の記録的下落に端を発した抗議デモが発生した。イラン学生通信が報じた。5月上旬のトランプ米政権によるイラン核合意離脱表明が背景にあるとみられる。

 治安部隊が催涙ガスなどで鎮圧を図り、少なくとも数人のデモ参加者が病院に搬送されたとの情報もある。イランでは昨年末にも生活苦が発端となった反政府デモが全土に拡大し参加者23人が死亡してお…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです