メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲名古屋場所

稀勢の里、朝稽古で始動 出場明言せず

部屋の力士に胸を出す横綱・稀勢の里(右)=名古屋市西区の田子ノ浦部屋宿舎で2018年6月26日午前10時1分、藤田健志撮影

 大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)に向けて、7場所連続休場中の横綱・稀勢の里が26日、名古屋市西区の田子ノ浦部屋宿舎で名古屋入り後では初めての朝稽古(げいこ)を行い、本格的に始動した。

 この日は、四股やすり足などの基本動作に加え、部屋の力士に胸を出し、しっかりと汗を流した。「今…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 是枝裕和監督、樹木希林さんの思い出ある映画祭で涙のスピーチ
  2. 支局長からの手紙 お世話になりました /愛媛
  3. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  4. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  5. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです